古都湖都写真日記(Ⅱ)

身近な野鳥を気の向くままに・・クリックで拡大

“なんの穴?“

9/25 裏の空地に大きな穴が掘られています

 もう1ヶ月以上前からでしょうか、雑草で覆われた空地に穴が掘られ、土日を除く毎日、数名から十数名の方が底の土を丁寧に除いています。
以前“雑草”でUPした空地です

 我家2階のベランダから


 
 現場に入ってみました


 この日(9/25月)、作業中の様子を初めてみました(平日は会社なので)



 今私の住んでいるところも住宅が建つ前に掘り起こされていました。
   その調査の継続作業のようです。





このような立札がたっています。そう遺跡発掘調査中なのです。
 ここには昔、むかし、10年という短い期間ですが都「長岡京」がありました。

↓この地図のように、平安京に匹敵する大きさの都です。


 現在の地図と対比してみると我が家は「八条大路-西二坊大路・西三坊大路」辺りでしょうか?。平安京(京都市)にたとえれば「西大路-八条」というところでしょう。
長岡京:
 奈良の都「平城京」から都が移され、ほぼ完成(道路)したと思われる10年後には京都の都「平安京」へと都が移されてしまいました。幻の都としてその存在はなぞが多かったのですが、地元の「中川修一」氏の私財を費やしての情熱の賜物です。サントリービール工場の近くに「中川修一記念館」がありその偉業が展示されています。


 

現在も住宅等を建てる前にあちこちで発掘調査が行われています

 

作業現場に立ち入って写真を撮っていると、責任者らしい人が詳しく説明してくれました。
 その説明によれば、この場所には「大きな庭園」があったということです。この庭園は、長岡京の前にあったかも知れないとおっしゃっていました。我が家の場所には約1200年前、美しい庭園であったのです?

発掘も終わり、今日(9/26)は“ラジコンヘリ”を飛ばして撮影していたとのこと(かみさんの言)。
埋め立てが始まり、しばらくするとこの空地にも住宅が建ちます。見通し、風通しが悪くなり、精神衛生上も歓迎しませんが仕方ありません。




テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

  1. 2006/09/27(水) 00:36:02|
  2. その他・雑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“JR保津峡駅“

9/23 ・・・再開後の落石現場・・・

 JR保津峡駅とトロッコ保津峡駅の間で落石事故により「川下り」が中断されていました。有効な対策が打てないため、一旦下船して、再び乗船です。歩いて1分程度の距離でしょうか。
 追記)8月15日に乗客3人が重軽傷を負った落石事故があり、9月19日に約1ヶ月ぶりに再開されました。
 船下りの醍醐味がちょっとそがれて残念です。
 
 JR保津峡駅の嵐山方面側の下に下船場が設けられました


 
 落石場所はこの写真の左側の崖



 下船場所  JR保津峡駅内から



 乗船場所(右下)  JR保津峡駅内から


 向こうにトロッコ保津峡駅

前回8月6日のものです
何時もは一人だけでいきますが、ついでなので、かみさんに紹介です。


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/09/26(火) 00:00:37|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“トロッコ保津峡駅“

9/23 川を下りる船影

 嵐山・高雄パークウエイの後、再び丹波散策の道へ行ってみました。
落石により中止されていた川下りが最近再開されました。

 追記)8月15日に乗客3人が重軽傷を負った落石事故があり、9月19日に約1ヶ月ぶりに再開されました。

輝く川に下る船がとても美しく感じました


 














前回8月6日のものです
何時もは一人だけでいくところですが、ついでなのでかみさんに紹介です。


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/09/25(月) 00:02:51|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“コスモス園”/嵐山・高雄パークウエイ

9/23 フラワーパークの「コスモス園」開園中

 ここの“コスモス”を観るために行きました。・・が、ちょっと早いようで、まだら咲きの状態です。
青空に映えるコスモスが風に吹かれて激しく揺れていました

  風が強く、写真に収めるが大変


 



  


 

 くま蜂さんが忙しくお仕事中




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/24(日) 10:43:20|
  2. 花風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“嵐山・高雄パークウエイ“

9/23 秋空に誘われて嵐山・高雄パークウエイへ

 気持ちよく晴れわたった青空が広がっています。
秋桜をみに行ってみたいとお誘いがかかりました。このドライブウエイからはいたるところ、保津峡や京都市街の素晴らしい眺望を楽しめます。
  
 小倉山展望台・・・再開された船下り


 
 小倉山展望台から京都市街・・・広沢の池?


 京都市街は他の箇所からの眺めがいいかもしれません


 保津峡展望台・・・トロッコ保津峡駅、その先が嵯峨野線のJR保津峡駅



 保津峡展望台・・・トロッコ電車が鉄橋に止まってしばし保津峡見物しています




テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/09/24(日) 08:50:36|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“彼岸花“

9/23 近くの彼岸花がようやく開花

 秋晴れの朝、最後に1枚残った田んぼの畦に彼岸花が咲きはじめました。
他にもう少し群生しているところもありますが、家の真近にひっそりと咲く花を撮ってみました。

 痩せてかぼそい感じで可憐に咲いています


 
 なぜか今年は白も・・










 追加:9/30 満開になりました




テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/24(日) 01:20:20|
  2. 花風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“夕暮れ寸景“/橋本市

9/16 恐怖感がつのる道を抜けると眼前に美しい風景が広がっていました

高野山散策を終え、国道371号を通って橋本市へと帰路に着きました。国道371号は高野山と橋本市を結ぶ国道です。いざ走り始めると道は狭く、所々に崖崩れ、工事中の箇所があります。車1台がかろうじて通ることのできる狭い曲がりくねった道が延々と続きます。夕暮れ時でもあり薄暗く、走るにつれ、徐々に不安と恐怖感が募ってきます。約20Kmほどの距離ですが、対向車が来ることもありません。過去にもこのような道を走ったことがありますが、ここも結構恐怖を味わえます。対向車には橋本市近くになって軽1台でした。
地図の上ではしっかりと書かれていますが、この道は地元の人が走る道で一般の観光客が通る道ではないようです。行きは標識に従い370号-480号を通りました-この理由がわかりました。
  
 狭い道を抜け恐怖感から開放され路傍に車を止めて一呼吸です
  5:52 奇麗な雲がより一層印象に残ります


 

 5:59 紀ノ川の河原に下りてしばし空を眺めていました 橋本橋近傍の河原




9/16 長岡京(4時頃出発)-R171高槻-R170枚方・藤井寺・富田林・河内長野-R371橋本-R370九土山町-R480高野町・高野山散策・・・・R371橋本-R24五条・御所-R166,R165、R24奈良・・久御山・・・・長岡京(9時半着)
 総距離:235Km ・・・距離としては短いですが、時間はかかります

テーマ:心に残る風景 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/21(木) 00:04:45|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“奥の院参道“/高野山散策(4)

9/16 無限の墓所、杉木立の石畳の参道を延々と歩きます-奥の院参道

杉の古木が立ち並ぶ鬱蒼とした参道です。日本中の墓を集めたように墓所、墓石が無限にあります。諸侯の墓、会社の墓、歴史上の人物の墓、戦没者の墓、各種会の墓、個人の墓・・・おそろしい数の墓です
  
 前方に奥の院がみえます・・ここから先は撮影禁止


 
 御供所の横 ・・全てに水をかけて拝みました



 一の橋 :表参道の入口 



 中の橋



 杉木立の参道が延々と・・




 「この井戸を覗いて自分の顔が映らないと寿命が3年以内」といわれているそうです


 夕方5時頃で薄暗く心配でしたが映っており安心しました

朝8時から夕方5時過ぎまで、あっちこっちと“効率悪く”歩き続けました。時期や天候の関係などもあり各駐車場にはあまり苦労せず駐車することができました。紅葉の季節は大変なんでしょうね。
 また時期をみて歩いてみたいとおもいます。


9/16 長岡京-R171高槻-R170枚方・藤井寺・富田林・河内長野-R371橋本-R370九土山町-R480高野町・高野山散策・・・・R371橋本-R24五条・御所-R166,R165、R24奈良・久御山・・・・長岡京 
 総距離:235Km

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/19(火) 06:38:38|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“苅萱堂近傍“/高野山散策(3)

“苅萱堂近傍“/高野山散策(3)

9/16 すっかり青空が広がってきました-苅萱堂近傍

午後4時頃になるとすっきりした青空です。青空に釣られて撮ってみました。
  
苅萱堂(かるかやどう) 


 
 熊谷寺: 法然上人、親鸞聖人、熊谷蓮生ゆかりの寺





9/16 長岡京-R171高槻-R170枚方・藤井寺・富田林・河内長野-R371橋本-R370九土山町-R480高野町・高野山散策・・・・R371橋本-R24五条・御所-R166,R165、R24奈良・久御山・・・・長岡京 
 総距離:235Km

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/18(月) 12:00:58|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“金剛峰寺“/高野山散策(2)

9/16 日本最大の石庭「蟠龍庭」・・金剛峰寺拝観

朝、雨のため拝観を諦めましたが、昼過ぎに雨が上がり拝観することにしました。雲間より青空が覗き、美しい庭をみることができました。
  
 中庭


 
 蟠龍庭:
雲海の中で雌雄一対の龍が奥殿を守っているように表現されているということです













9/16 長岡京-R171高槻-R170枚方・藤井寺・富田林・河内長野-R371橋本-R370九土山町-R480高野町・高野山散策・・・・R371橋本-R24五条・御所-R166,R165、R24奈良・久御山・・・・長岡京 
 総距離:235Km

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/18(月) 09:43:31|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

リスキーマウス

Author:リスキーマウス
基本近場の鳥を楽しんでいます。ごくたまには気分次第で遠出も・・
京都と越前で居住・・老老介護 画像クリック拡大表示-
撮影機材:OLYMPUS
 '16.12.24からE-M1マークⅡ&300f4がメイン

 
 

検索フォーム

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

野鳥 (1822)
アオアシシギ (7)
アオゲラ (13)
アオシギ (2)
アオサギ (10)
アオジ (2)
アオバズク (13)
アオバト (7)
アカエリカイツブリ (11)
アカエリヒレアシシギ (4)
アカガシラサギ (6)
アカゲラ (8)
アカショウビン (10)
アカツクシガモ (1)
アカハシハジロ (2)
アカハジロ (1)
アカハラ (6)
アジサシ (2)
アトリ (13)
アビ (5)
アマサギ (17)
アメリカコガモ (1)
アメリカコハクチョウ (1)
アメリカヒドリ (4)
アリスイ (11)
イカル (5)
イカルチドリ (5)
イスカ (4)
イソシギ (3)
イソヒヨドリ (14)
イナバビタキ (1)
イワツバメ (3)
ウグイス (9)
ウズラ (2)
ウズラシギ (4)
ウソ (9)
ウミアイサ (4)
ウミウ (0)
ウミスズメ (2)
ウミネコ (9)
エゾビタキ (4)
エナガ (9)
エリマキシギ (6)
オオアカゲラ (6)
オオアカハラ (4)
オオカラモズ (1)
オオコノハズク (1)
オオジュリン (1)
オオソリハシシギ (5)
オオタカ (13)
オオハクチョウ (1)
オオハシシギ (1)
オオハム (21)
オオバン (4)
オオヒシクイ (5)
オオマシコ (10)
オオルリ (14)
オオヨシキリ (7)
オオヨシゴイ (1)
オオワシ (24)
オカヨシガモ (1)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (8)
オジロトウネン (3)
オジロビタキ (9)
オジロワシ (3)
オシドリ (18)
オナガ (3)
オナガガモ (3)
オバシギ (3)
カイツブリ (9)
カケス (6)
カササギ (4)
カシラダカ (15)
ガチョウ (2)
カッコウ (1)
カモメ (2)
カラアカハラ (2)
カラムクドリ (3)
カルガモ (3)
カヤクグリ (7)
カワアイサ (7)
カワウ (4)
カワガラス (10)
カワセミ (16)
カワラヒワ (5)
カンムリカイツブリ (9)
キアシシギ (6)
キクイタダキ (3)
キジ (11)
キセキレイ (6)
キバシリ (2)
キビタキ (16)
キマユムシクイ (1)
キリアイ (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (2)
ギンムクドリ (4)
クイナ (8)
クサシギ (1)
クビワキンクロ (1)
クマタカ (5)
クロガモ (2)
クロサギ (8)
クロジ (5)
クロツグミ (17)
クロツラヘラサギ (3)
クロハラアジサシ (2)
ケアシノスリ (3)
ケリ (9)
コアオアシシギ (7)
コアジサシ (7)
コイカル (5)
ゴイサギ (12)
コウノトリ (5)
コウライアイサ (3)
コウライウグイス (1)
コガモ (1)
コガラ (4)
コクガン (4)
コクマルガラス (4)
コゲラ (7)
コサギ (3)
コサメビタキ (11)
コシアカツバメ (1)
ゴジュウカラ (3)
コジュケイ (3)
コジュリン (1)
コチドリ (14)
コチョウゲンボウ (10)
コノハズク (2)
コハクチョウ (9)
コホオアカ (2)
コマドリ (22)
コミミズク (73)
コムクドリ (11)
コルリ (4)
コヨシキリ (1)
サカツラガン (2)
ササゴイ (7)
サシバ (2)
サバクヒタキ (2)
サメビタキ (3)
サンコウチョウ (8)
サンショウクイ (8)
シノリガモ (22)
シマアカモズ (2)
シマアジ (5)
シメ (3)
シロガシラ (1)
シロチドリ (9)
シロハラ (6)
シロハラホオジロ (1)
ジシギ類 (4)
シジュウカラ (4)
シベリアジュリン (1)
ショウドウツバメ (2)
ジョウビタキ (8)
ズグロカモメ (2)
スズガモ (6)
スズメ (7)
セイタカシギ (7)
セグロカモメ (6)
セグロセキレイ (4)
セッカ (13)
ソウシチョウ (6)
ソデグロヅル (6)
ソリハシシギ (1)
ソリハシセイタカシギ (5)
ダイサギ (6)
ダイゼン (7)
タカサゴクロサギ (3)
タカブシギ (3)
タゲリ (12)
タヒバリ (9)
タマシギ (19)
チフチャフ (1)
チュウシャクシギ (10)
チュウヒ (3)
チョウゲンボウ (9)
ツクシガモ (5)
ツグミ (5)
ツツドリ (5)
ツバメ (6)
ツバメチドリ (8)
ツリスガラ (4)
ツルシギ (5)
トウネン (13)
トキ (1)
トビ (3)
トモエガモ (7)
トラツグミ (8)
トラフズク (1)
ナベヅル (4)
ニュウナイスズメ (7)
ノゴマ (12)
ノジコ (2)
ノスリ (17)
ノハラツグミ (2)
ノビタキ (21)
ハイイロチュウヒ (9)
ハイタカ (6)
ハギマシコ (8)
ハクセキレイ (1)
ハシビロガモ (5)
ハシブトアジサシ (1)
ハジロカイツブリ (9)
ハチクマ (1)
ハチジョウツグミ (12)
ハッカチョウ (4)
ハマシギ (7)
ハリオアマツバメ (1)
ハリオシギ (1)
ハヤブサ (29)
バン (9)
ヒガラ (5)
ヒクイナ (10)
ヒドリガモ (1)
ヒバリ (12)
ヒバリシギ (5)
ヒメウ (9)
ビロードキンクロ (1)
ヒヨドリ (8)
ビンズイ (6)
フクロウ (10)
ブッポウソウ (3)
ベニスズメ (1)
ベニヒワ (5)
ベニマシコ (17)
ヘラサギ (3)
ホウロクシギ (5)
ホオアカ (10)
ホオジロ (10)
ホオジロガモ (3)
ホシガラス (1)
ホシハジロ (1)
ホシムクドリ (6)
ホトトギス (4)
マガモ (1)
マガン (7)
マキバタヒバリ (2)
マナヅル (1)
マヒワ (13)
マミジロ (2)
マミチャジナイ (7)
ミコアイサ (21)
ミサゴ (3)
ミソサザイ (16)
ミゾゴイ (1)
ミミカイツブリ (1)
ミヤコドリ (4)
ミヤマガラス (6)
ミヤマシトド (1)
ミヤマホオジロ (22)
ミユビシギ (3)
ムギマキ (14)
ムシクイ類 (10)
ムナグロ (12)
ムラサキサギ (5)
メジロ (4)
メジロガモ (1)
メダイチドリ (2)
モズ (17)
ルリビタキ (21)
レンカク (2)
レンジャク (33)
ヤイロチョウ (1)
ヤツガシラ (5)
ヤドリギツグミ (2)
ヤブサメ (4)
ヤマガラ (2)
ヤマセミ (14)
ヤマドリ (4)
ユキホオジロ (7)
ユリカモメ (7)
ヨシガモ (3)
ヨシゴイ (5)
ヨタカ (1)
鳥風景etc (37)
舳倉島2014 (18)
石垣島2014 (42)
未分類 (0)
風景 (223)
花風景 (172)
夜景・イルミ・ライトアップ (26)
旅行・ドライブ (39)
天体・月・星 (7)
昆虫 (101)
動物 (28)
植物・果物 (8)
神事・祭事・歳時記 (60)
その他・雑 (51)

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR