古都湖都写真日記(Ⅱ)

身近な野鳥を気の向くままに・・クリックで拡大

“香住海岸の夕陽”/但馬へ(7)

8/26 「日本の夕陽百選」-国民宿舎ファミリーイン今子浦の丘より

 パンフに「日本の夕陽百選」に選定されているということです。余部鉄橋のライトアップまでの時間潰しに撮り続けていました。この丘には一組のファミリー、三脚で撮るカメラマンが3人いました。
ファミリーイン今子浦は「日本の夕陽の宿百選」にも選ばれているといことです。

 18:05



 18:11



 18:25



 18:31



 18:34



 18:34



 18:35



 18:37



 約50分、100回以上シャッターを切っていました。後で整理(削除)するのが大変です。

京都-R9-R426-出石-豊岡-R178-今子浦海水浴場-香住(海の文化館)-余部(余部鉄橋)-御崎(余部埼灯台)-但馬御火浦-三尾-赤崎-R178-余部鉄橋-鎧駅-香住漁港-今子浦(ファミリーイン今子浦)・・-余部鉄橋-・・・-京都
 走行距離 435Km

テーマ:夕景 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/31(木) 06:55:50|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“鎧駅”/但馬へ(6)

8/26 ・・誰もいない無人の駅・・・素敵な眺めです

 ライトアップまでかなり時間があるので、また香住海岸の方へ向かいました。途中に鎧駅への道があります。余部駅の隣の駅ですが、ここには誰もいません。

 駅からののどかな風景:下にひっそりとした小さな漁村



 訪れる人、降りる人もいません




テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/30(水) 20:32:28|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“余部埼灯台”/但馬へ(5)

8/26 日本一高い所にある灯台-青い空、白い雲

 目的地近傍に着くと、駅や観光施設で観光パンフを手に入れて気の向いたところに行ってみます。今回は、香住の「海の文化館」を訪れて手に入れました。このパンフを頼りに、余部鉄橋から海沿いの道を走っていってみました。老夫婦が訪れていましたが、ほとんど訪れる人もいません。青い海、青い空、雲がとても印象的でした。

案内板



霞んでいますが、きれいなリアス式の海岸線を眺望できます。



 背景の雲がいい感じ



 日本海の水平線も霞んでいます



 灯台の後、さらに海岸線(林道)を走り浜坂町へと抜けました。この先を走る車はほとんどいません。林道を作ったときの記念碑、不老の水等もあります。

 途中に「但馬御火浦」の案内板があり、ここから三尾大島を望みます



 但馬御火浦:浜坂町岸田川河口から香住町伊笹岬までの海岸は、国の名勝天然記念物「但馬御火浦」に指定されている。香住港から遊覧船もでています。

 R178へ向かう途中、山間の雲が印象的でした 



京都-R9-R426-出石-豊岡-R178-今子浦海水浴場-香住(海の文化館)-余部(余部鉄橋)-御崎(余部埼灯台)-但馬御火浦-三尾-赤崎-R178-余部鉄橋-鎧駅-香住漁港-今子浦(ファミリーイン今子浦)・・-余部鉄橋-・・・-京都
 走行距離 435Km

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/30(水) 06:39:15|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“続・余部鉄橋(夕方、夜)”/但馬へ(4)

8/26 夕方&ライトアップの余部鉄橋

余部埼灯台の海岸線を一週した後、再び余部鉄橋に戻りました。相変わらずカメラマンが撮影をしています。沢山のガードマンが駐車場への車の出入りを整理しています。また、立ち寄って別の角度から撮ってみました。これで帰路に着く予定でしたが、夜にライトアップがあるということでこれも見ることにしました。

 ↓夕方の余部鉄橋








 
 ↓このライトアップは今年3回目だということです。これが最後のライトアップかも。カメラマンが複数の三脚を入念に設定しています。TV局のビデオカメラもいろんなところを撮っていました。
 三脚なしではきれいに撮れません



 走る列車は、全部ダメでした-ブレぶれです・・S:1/4


 やっぱり三脚が必要ですね。

京都-R9-R426-出石-豊岡-R178-今子浦海水浴場-香住(海の文化館)-余部(余部鉄橋)-御崎(余部埼灯台)-但馬御火浦-三尾-赤崎-余部鉄橋-鎧駅-香住漁港-今子浦(ファミリーイン今子浦)・・-余部鉄橋-・・・-京都
 走行距離 435Km 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/29(火) 22:23:16|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“余部鉄橋(昼)”/但馬へ(3)

8/26 カメラマンや観光客がいっぱい-下から見上げると壮大です

以前、通ったことはあるのですが、じっくり見るのは初めてです。来年より架け替え工事が始まることは知っていましたが、予備の計画や知識もなくなんとなく行ったので、最適なビューポイントが何処なのか不安でした。その不安は不要でした。鉄橋の周辺に沢山のカメラマンや観光客がたむろしています。周辺のいたるところ、ビューポイントには三脚が立てられています。また、周りの空地は全て無料の駐車場として開放されています。JRのキャンペーンも行われており、特別列車も運行されています。
駅まで下から歩いて5分かかります。駅のすぐ上が最もポピュラーなビューポイントです。カメラマンに混じって一般の観光客もデジカメや携帯に収めていました。
 
悲劇の事故の慰霊碑



 駅上のビューポイントから:ポスターなどで紹介されているありふれたショットです



駅上のビューポイントから



R178脇から:逆光で列車は黒い影です(ちょっとトーン補正) 



海側から:青空にいい雲がわきあがっていました






余部鉄橋:
 高さ41.45m、長さ309mの鉄の櫓で作られたトレッスル式の日本一の鉄橋です。
 明治45年完成。完成当時は余部駅はなく、駅ができたのは半世紀後のS34年。それまでは、地元の人はこの鉄橋を歩いて渡り、トンネルとくぐって鎧駅から列車に乗っていたということです。余部小学校の児童の知事への手紙がきっかけとなり、現在の駅が作られたということです。


京都-R9-R426-出石-豊岡-R178-今子浦海水浴場-香住(海の文化館)-余部(余部鉄橋)-御崎(余部埼灯台)-但馬御火浦-三尾-赤崎-余部鉄橋-鎧駅-香住漁港-今子浦(ファミリーイン今子浦)・・-余部鉄橋-・・・-京都
 走行距離 435Km 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/28(月) 19:19:21|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“今子浦海水浴場”/但馬へ(2)

8/26 青い海・青い空・きれいな水・・

 朝10時頃という時間の関係もありますが、時期的にはシーズンは終わっているようです。
広い駐車場もガラガラです。キャンプ場もあります。

海水浴場の賑やかさは去っています-のどかな波が打ち寄せています 



「かえる島」というのですが・・かえる岩というべきでしょうか?



 岩場の浅瀬に魚たち・・これを網で追いかける子供と母親・・微笑ましい光景です



 大引の鼻展望台より:香住湾の東端に位置し、但馬海岸270度の眺望が楽しめます






京都-R9-R426-出石-豊岡-R178-今子浦海水浴場-香住(海の文化館)-余部(余部鉄橋)-御崎(余部埼灯台)-但馬御火浦-三尾-赤崎-余部鉄橋-鎧駅-香住漁港-今子浦(ファミリーイン今子浦)・・-余部鉄橋-・・・-京都
 走行距離 435Km 

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/27(日) 21:50:38|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“朝の風景”/但馬へ(1)

8/26 朝の陽光を浴びて霞む風景

 ちょっとドライブしてみたくなり、兵庫県・但馬地域へ行ってみました。目的はとりあえず「余部鉄橋」。ドライブは私の心の洗濯です。
朝までテレビの途中でしたが、朝の4時少し前に家を出発。9号線-426号線をひたすら走りました。
朝陽が登るのがバックミラーに見え、車を止めて撮ってみました 出石付近だと思いますが場所はよくわかりません
5:48 ちょっとタイミングずれてしまいました 



 以下、霞む風景が印象的でした 
6:16 豊岡:立野大橋より 



6:19 豊岡:立野大橋より  



6:43 こうのとりの郷公園より 当然、開園していません



6:50 こうのとりの郷公園より 飛ぶ姿をもっと撮りたかったのですが・・




京都-R9-R426-出石-豊岡-R178-今子浦海水浴場-香住(海の文化館)-余部(余部鉄橋)-御崎(余部埼灯台)-但馬御火浦-三尾-赤崎-余部鉄橋-鎧駅-香住漁港-今子浦(ファミリーイン今子浦)・・-余部鉄橋-・・・-京都
 走行距離 435Km  心は癒されますが、やっぱり疲れました・・年です

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/27(日) 13:45:13|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“宵弘法”/大覚寺

8/20 提灯が水面を照らす大沢池に「嵯峨の送り火」

 夕涼みをかねて行ってみました。ちょっと強めの気持ちよい風が吹いていました。
風にも夏の終わりが感じられます。
 亡き人の追福菩提を祈り、施主のご家族のご多幸とご健康を祈念
 施餓鬼棚の前で、塔婆に記されたご先祖さまの名前や戒名が読み上げられる中、
大沢池の送り火の祭壇に火が入れられます 20:06



 夜空に舞い登る火の粉 20:07


 
 20:09



 浮かぶ灯篭 20:14



 奇麗な夕焼け下、宸殿にて「宵弘法コンサート(北嵯峨高校吹奏楽部)」も行われています 18:50



 行事内容(大覚寺HPより)
■御詠歌奉詠 午後5時より
■宵弘法コンサート(北嵯峨高校吹奏楽部) 午後6時より
■万灯会法要(五大堂) 午後7時より
■福引き(大沢池畔) 午後7時より
■お施餓鬼(大沢池桟橋) 午後7時30分より
■嵯峨の送り火(大沢池中で) 午後7時30分より
■映画の夕べ/アニメ 午後8時より
■江州音頭(宝塔前) 午後7時より
お暇でしたらHPもどうぞ!!

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/08/20(日) 23:47:55|
  2. 神事・祭事・歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“五山送り火「大文字」”/吉田山にて

8/16 吉田山で大文字五山送り火を鑑賞

 今年も行ってみました。「大文字」を見るには最適の場所かも?

 着火約30秒後



 約3分後


 
約7分後



 5時25分頃



 こんな雰囲気のところです 6時50分頃






テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/08/16(水) 22:20:49|
  2. 神事・祭事・歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“ちっちゃな鍾乳洞”/質志鍾乳洞

8/14 涼を求めて地中に潜ってみました・・天然の冷房:質志(しずし)鍾乳洞

 今日も暑いです。寝ていても退屈なので涼しいところにと思って行ってみました。
京都府で唯一の鍾乳洞。外はむんむんする暑さですが中はひんやりととっても涼しいです。
 ここには、バンガローやテントサイトの設備もあり、家族でアウトドアを楽しむことができます。
高低差約25mの竪穴の鍾乳洞で、ほぼ垂直の階段(はしご)を降ります。

 入口



 一目層へ:洞穴内の気温は年間を通して十数度



 一目層



 ほぼ垂直に約25メートルをはしごで下るスリル・・これが売りでしょうか



 最下層(底)では小銭が投げられています






 急な階段が延々と続きます


 スカートのご婦人には、ズボンを貸し出してくれますよ




↓9年前(1997/9/14):女房、娘と一緒に行った時のものです(写真はかみさんと娘)




テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2006/08/14(月) 23:59:45|
  2. 旅行・ドライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

リスキーマウス

Author:リスキーマウス
基本近場の鳥を楽しんでいます。ごくたまには気分次第で遠出も・・
京都と越前で居住・・老老介護 画像クリック拡大表示-
撮影機材:OLYMPUS
 '16.12.24からE-M1マークⅡ&300f4がメイン

 
 

検索フォーム

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

野鳥 (1830)
アオアシシギ (9)
アオゲラ (13)
アオシギ (2)
アオサギ (10)
アオジ (2)
アオバズク (13)
アオバト (7)
アカエリカイツブリ (11)
アカエリヒレアシシギ (4)
アカガシラサギ (6)
アカゲラ (8)
アカショウビン (10)
アカツクシガモ (1)
アカハシハジロ (2)
アカハジロ (1)
アカハラ (6)
アジサシ (2)
アトリ (13)
アビ (5)
アマサギ (17)
アメリカコガモ (1)
アメリカコハクチョウ (1)
アメリカヒドリ (4)
アリスイ (11)
イカル (5)
イカルチドリ (5)
イスカ (4)
イソシギ (3)
イソヒヨドリ (14)
イナバビタキ (1)
イワツバメ (3)
ウグイス (9)
ウズラ (2)
ウズラシギ (4)
ウソ (9)
ウミアイサ (4)
ウミウ (0)
ウミスズメ (2)
ウミネコ (9)
エゾビタキ (4)
エナガ (9)
エリマキシギ (6)
オオアカゲラ (6)
オオアカハラ (4)
オオカラモズ (1)
オオコノハズク (1)
オオジュリン (1)
オオソリハシシギ (5)
オオタカ (13)
オオハクチョウ (1)
オオハシシギ (1)
オオハム (22)
オオバン (4)
オオヒシクイ (5)
オオマシコ (10)
オオルリ (14)
オオヨシキリ (7)
オオヨシゴイ (1)
オオワシ (24)
オカヨシガモ (1)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (8)
オジロトウネン (3)
オジロビタキ (9)
オジロワシ (3)
オシドリ (18)
オナガ (3)
オナガガモ (3)
オバシギ (3)
カイツブリ (9)
カケス (6)
カササギ (4)
カシラダカ (15)
ガチョウ (2)
カッコウ (1)
カモメ (2)
カラアカハラ (3)
カラムクドリ (3)
カルガモ (3)
カヤクグリ (7)
カワアイサ (7)
カワウ (4)
カワガラス (10)
カワセミ (16)
カワラヒワ (5)
カンムリカイツブリ (9)
キアシシギ (6)
キクイタダキ (3)
キジ (11)
キセキレイ (6)
キバシリ (2)
キビタキ (16)
キマユムシクイ (1)
キリアイ (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (2)
ギンムクドリ (4)
クイナ (8)
クサシギ (1)
クビワキンクロ (1)
クマタカ (5)
クロガモ (2)
クロサギ (8)
クロジ (5)
クロツグミ (17)
クロツラヘラサギ (3)
クロハラアジサシ (2)
ケアシノスリ (3)
ケリ (9)
コアオアシシギ (7)
コアジサシ (7)
コイカル (5)
ゴイサギ (12)
コウノトリ (5)
コウライアイサ (3)
コウライウグイス (1)
コガモ (1)
コガラ (4)
コクガン (4)
コクマルガラス (4)
コゲラ (7)
コサギ (3)
コサメビタキ (11)
コシアカツバメ (1)
ゴジュウカラ (3)
コジュケイ (3)
コジュリン (1)
コチドリ (14)
コチョウゲンボウ (10)
コノハズク (2)
コハクチョウ (9)
コホオアカ (2)
コマドリ (21)
コミミズク (73)
コムクドリ (11)
コルリ (5)
コヨシキリ (1)
サカツラガン (2)
ササゴイ (7)
サシバ (2)
サバクヒタキ (2)
サメビタキ (3)
サンコウチョウ (8)
サンショウクイ (8)
シノリガモ (22)
シマアカモズ (2)
シマアジ (5)
シメ (3)
シロガシラ (1)
シロチドリ (9)
シロハラ (6)
シロハラホオジロ (2)
ジシギ類 (4)
シジュウカラ (4)
シベリアジュリン (1)
ショウドウツバメ (2)
ジョウビタキ (8)
ズグロカモメ (2)
スズガモ (6)
スズメ (7)
セイタカシギ (7)
セグロカモメ (6)
セグロセキレイ (4)
セッカ (13)
ソウシチョウ (6)
ソデグロヅル (6)
ソリハシシギ (1)
ソリハシセイタカシギ (5)
ダイサギ (6)
ダイゼン (7)
タカサゴクロサギ (3)
タカブシギ (4)
タゲリ (12)
タヒバリ (9)
タマシギ (19)
チフチャフ (1)
チュウシャクシギ (10)
チュウヒ (3)
チョウゲンボウ (9)
ツクシガモ (5)
ツグミ (5)
ツツドリ (5)
ツバメ (6)
ツバメチドリ (8)
ツリスガラ (4)
ツルシギ (5)
トウネン (14)
トキ (1)
トビ (3)
トモエガモ (7)
トラツグミ (8)
トラフズク (1)
ナベヅル (4)
ニュウナイスズメ (7)
ノゴマ (12)
ノジコ (2)
ノスリ (17)
ノハラツグミ (2)
ノビタキ (21)
ハイイロチュウヒ (9)
ハイタカ (6)
ハギマシコ (8)
ハクセキレイ (1)
ハシビロガモ (5)
ハシブトアジサシ (1)
ハジロカイツブリ (9)
ハチクマ (1)
ハチジョウツグミ (12)
ハッカチョウ (4)
ハマシギ (7)
ハリオアマツバメ (1)
ハリオシギ (1)
ハヤブサ (29)
バン (9)
ヒガラ (5)
ヒクイナ (10)
ヒドリガモ (1)
ヒバリ (12)
ヒバリシギ (5)
ヒメウ (9)
ビロードキンクロ (1)
ヒヨドリ (8)
ビンズイ (6)
フクロウ (10)
ブッポウソウ (3)
ベニスズメ (1)
ベニヒワ (5)
ベニマシコ (17)
ヘラサギ (3)
ホウロクシギ (5)
ホオアカ (10)
ホオジロ (10)
ホオジロガモ (3)
ホシガラス (1)
ホシハジロ (1)
ホシムクドリ (6)
ホトトギス (4)
マガモ (1)
マガン (7)
マキバタヒバリ (2)
マナヅル (1)
マヒワ (13)
マミジロ (2)
マミチャジナイ (8)
ミコアイサ (21)
ミサゴ (3)
ミソサザイ (16)
ミゾゴイ (1)
ミミカイツブリ (1)
ミヤコドリ (4)
ミヤマガラス (6)
ミヤマシトド (1)
ミヤマホオジロ (22)
ミユビシギ (3)
ムギマキ (14)
ムシクイ類 (10)
ムナグロ (12)
ムラサキサギ (5)
メジロ (4)
メジロガモ (1)
メダイチドリ (2)
モズ (17)
ルリビタキ (21)
レンカク (2)
レンジャク (33)
ヤイロチョウ (1)
ヤツガシラ (5)
ヤドリギツグミ (2)
ヤブサメ (4)
ヤマガラ (2)
ヤマセミ (14)
ヤマドリ (4)
ユキホオジロ (7)
ユリカモメ (7)
ヨシガモ (3)
ヨシゴイ (5)
ヨタカ (1)
鳥風景etc (37)
舳倉島2014 (18)
石垣島2014 (42)
未分類 (0)
風景 (223)
花風景 (172)
夜景・イルミ・ライトアップ (26)
旅行・ドライブ (39)
天体・月・星 (7)
昆虫 (101)
動物 (28)
植物・果物 (8)
神事・祭事・歳時記 (60)
その他・雑 (51)

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR