古都湖都写真日記(Ⅱ)

身近な野鳥を気の向くままに・・クリックで拡大

伏見“桃山御陵”

1/29 桃山御陵を散策

桃山丘陵の頂に明治天皇を祀った御陵があります。ここは伏見城本丸跡を陵墓としたものです。宇治方面も一望できます。

230段の石段。ここは付近の学校のクラブのトレーニングの場ともなっています



 この日は、伏見工の野球部がトレーニングしていました



230段の石段を登ると、清掃・整備された広大な陵墓が目の前に広がっています。






反対側からの入り口は杉木立の並木がきれいです




この広大な桃山丘陵はお散歩やジョギングをするには最適のところです。
少し離れて名護屋丸跡には昭憲皇太后御陵があります。


下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/31(火) 06:24:03|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伏見“乃木神社” 桃山御陵散策(2)

1/29 桃山御陵のそばにある「乃木神社」

 明治天皇に殉死した陸軍大将「乃木希典(まれすけ)」を祀る神社。伏見桃山御陵のそばに大正5年(1916)、有志の人々によって創建。








 東京や栃木県等にもありますね。

下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/30(月) 04:39:53|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“伏見桃山城”桃山御陵散策(1)

1/29 「桃山御陵」に隣接してかって遊園地がありました

 ここには“伏見桃山キャッスルランド”がありました。伏見の地にあった桃山城を再建し、城と遊園地が一体となったレジャーランドでした。2003年1月末に閉園となりました。
 今、公園として生まれ変わろうとしていました。立ち入り禁止で工事中。平成19年3月に完成するとのこと(看板)。







「奈良あやめ池」、「宝塚ドリームランド」、「琵琶湖タワー」、・・・なども無くなりました。時代の流れです。

下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/29(日) 21:07:53|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“松花堂庭園”

1/22 冬の松花堂庭園

朝起きると青空です。寒いので近くの「松花堂庭園」をお散歩しました。

外園(入口近く)



外園(茶室:梅隠席 前にある水琴窟の音色が素敵)


他に茶室:松隠席(閑雲軒)、竹隠があります。


内園の入口を望む(肝心の内園は撮影厳禁)



 内園入口から女郎花塚側を望む


 内園内に草庵茶室「松花堂」及び「書院」があり、書院の前に奇麗な枯山水の庭園があります。

松花堂庭園:平成14年(2002)4/5(金)新装オープン
 松花堂昭乗の草庵・松花堂を中心に、石清水の泉殿客殿・庭園を併せ、明治二十四年現在の地に移築、現在京都府八幡市立の庭園。約22000平方メートル、内園と外園に分かれている。
内園は昭乗が晩年に隠棲するためたてた草庵「松花堂(茶室)」や書院、苔庭や枯山水の庭園


下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/24(火) 19:39:58|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“竹の白道”楊谷寺

1/21楊谷寺の“竹の白道(びゃくどう)を渡ってきました

新年を向かえ、楊谷寺(柳谷観音)の阿弥陀堂前の「竹の白道」をくぐりました。
ちょっと(かなり)遅くなりましたが、渡ってみました。
「竹の白道(びゃくどう)~往相(おうそう)と還相(げんそう)~
白道とは極楽浄土へ至る一本の道。往相とは極楽浄土へ至ること。還相とは極楽浄土より帰ってくること。しっかり渡ることができるよう釈迦はこちらの世界(娑婆)私たちを励まし、阿弥陀仏は向こうの世界(極楽)から私たちを呼んでいる。

・本人の極楽世界の往生、または亡き人の供養、回向を願う方は、こちらからお渡り下さい。
・現世の安穏、幸福を願う方は向こう側からお渡り下さい。」と記されています。

デザイン:造形作家日詰明男



現世の安穏、幸福のために向こう側からとしました。



向こう側(すなわち、この写真の側)から渡りました。







下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/22(日) 08:15:18|
  2. 神事・祭事・歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“浄土谷の大仏”

1/21 乗願寺の大仏(おおぼとけ)

 楊谷寺お参りの帰りに乗願寺にもお参りして来ました。本堂には、本尊として浄土谷の大仏(西山の大仏(おおぼとけ))といわれる高さ約2.8mの阿弥陀如来坐像が安置されています。平安時代の作。




願い事が特になく、今順調な方は右周り、不幸が多く運勢を好転したい方は左回りで周囲を回るとよいと書かれています。







[浄土山 乗願寺]
今から千年前に恵心僧都(源信)によって創建されたといわれている。現在は、西山浄土宗光明時の末寺となっている。本尊の阿弥陀如来坐像は、平成元年に解体修理され、京都府の指定文化財となっています。このほかに十一面観音立像、法然上人像などがあります(大仏様の後両サイドに)。

下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/21(土) 20:00:38|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浄土谷“弥勒谷十三仏”

1/21 岩壁に不動明王、大日如来、地蔵菩薩など13の仏様が安置

 楊谷寺にお参りに行ったついでに撮って見ました。江戸時代の作といわれている。
浄土谷入り口の分岐点・浄土橋にあります。真っ直ぐ(右へ)行けば楊谷寺(柳谷観音)、脇道(左)へ行けば乗願寺(西山の大仏)へと続きます。







十三仏信仰は供養によって現世の安楽、極楽浄土を願うという民間の信仰で、 室町~江戸時代に盛んだったといわれています。
 ここでは、一度に十三仏を拝むことができます。

[十三仏]:真言宗では多くの仏さまの中から特に慈悲深く、私たちに直接救いのみ手を
差しのべて下さる仏さまです。この世に生きる我々のお守り本尊であると同時に、来世の、つまり先祖供養の仏さまでもあり、年忌の際には必ず御本尊として拝まれています。
不動明王(初七日)、釈迦如来(27日)、文殊菩薩(37日)、普賢菩薩(47日)、地蔵菩薩(57日)、弥勒菩薩(67日)、薬師如来(77日)、観世音菩薩(百か日)、勢至菩薩(一回忌)、阿弥陀如来(三回忌)、阿閃(しゅく)如来(七回忌)、大日如来(十三回忌)、虚空蔵菩薩(三十三回忌)

下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/21(土) 18:46:09|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

“左義長”離宮八幡宮

1/15 大山崎町;離宮八幡宮の“左義長”に行ってみました

今日(1/15)はいたるところで「左義長」が行われ、京都でも平岡八幡宮、新熊野神社で行われます。近くでは離宮八幡宮で毎年(昨年は1/18)行われる。今年も行ってみました。小さな左義長です。

宮司のお祓いの後、火が着けられる



八幡太鼓が鳴り響く中、激しく燃え盛る



離宮八幡宮:
「本邦製油発祥の地」の碑があり、日本の植物油の総元締めの神社である。全国の油専売権を握り、販売を独占しました。


下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/15(日) 17:58:51|
  2. 神事・祭事・歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「渉成園」(2)

1月9日 閑静な庭園“渉成園(枳殻邸)”

京都駅から歩いて数分の所であるが、何時来ても人は少なくのんびりできます。
澄んだ青空でもあり、広々として爽快なところです。







この鳥、この時期いずこでもよく見かけます







下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/10(火) 21:08:54|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「渉成園」(1)

1月9日 閑静な庭園“渉成園(枳殻邸)(しょうせいえん/きこくてい)”

真宗大谷派(東本願寺)の飛地境内(別邸)である。天気がよいので久しぶりに訪れてみた。




印月池










下記HPもどうぞ!!
 http://www.geocities.jp/rskykms/index.html

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2006/01/10(火) 07:01:48|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

リスキーマウス

Author:リスキーマウス
基本近場の鳥を楽しんでいます。ごくたまには気分次第で遠出も・・
京都と越前で居住・・老老介護 画像クリック拡大表示-
撮影機材:OLYMPUS
 '16.12.24からE-M1マークⅡ&300f4がメイン

 
 

検索フォーム

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

野鳥 (1853)
アオアシシギ (9)
アオゲラ (13)
アオシギ (2)
アオサギ (10)
アオジ (2)
アオバズク (14)
アオバト (7)
アカエリカイツブリ (11)
アカエリヒレアシシギ (4)
アカガシラサギ (6)
アカゲラ (8)
アカショウビン (10)
アカツクシガモ (1)
アカハシハジロ (2)
アカハジロ (1)
アカハラ (6)
アジサシ (2)
アトリ (13)
アビ (6)
アマサギ (17)
アメリカコガモ (1)
アメリカコハクチョウ (1)
アメリカヒドリ (4)
アリスイ (11)
イカル (5)
イカルチドリ (5)
イスカ (4)
イソシギ (3)
イソヒヨドリ (14)
イナバビタキ (1)
イワツバメ (4)
ウグイス (9)
ウズラ (2)
ウズラシギ (4)
ウソ (9)
ウミアイサ (4)
ウミウ (0)
ウミスズメ (2)
ウミネコ (9)
エゾビタキ (4)
エナガ (9)
エリマキシギ (6)
オオアカゲラ (6)
オオアカハラ (4)
オオカラモズ (1)
オオコノハズク (1)
オオジュリン (1)
オオソリハシシギ (5)
オオタカ (13)
オオハクチョウ (1)
オオハシシギ (1)
オオハム (22)
オオバン (4)
オオヒシクイ (5)
オオマシコ (10)
オオルリ (15)
オオヨシキリ (7)
オオヨシゴイ (1)
オオワシ (24)
オカヨシガモ (1)
オガワコマドリ (1)
オグロシギ (8)
オジロトウネン (3)
オジロビタキ (9)
オジロワシ (3)
オシドリ (18)
オナガ (3)
オナガガモ (3)
オバシギ (3)
カイツブリ (9)
カケス (7)
カササギ (4)
カシラダカ (15)
ガチョウ (2)
カッコウ (1)
カモメ (2)
カラアカハラ (3)
カラムクドリ (3)
カルガモ (3)
カヤクグリ (7)
カワアイサ (7)
カワウ (4)
カワガラス (10)
カワセミ (16)
カワラヒワ (5)
カンムリカイツブリ (9)
キアシシギ (6)
キクイタダキ (3)
キジ (11)
キセキレイ (7)
キバシリ (2)
キビタキ (16)
キマユムシクイ (1)
キリアイ (1)
キョウジョシギ (1)
キンクロハジロ (2)
ギンムクドリ (4)
クイナ (8)
クサシギ (1)
クビワキンクロ (1)
クマタカ (5)
クロガモ (2)
クロサギ (8)
クロジ (6)
クロツグミ (18)
クロツラヘラサギ (3)
クロハラアジサシ (2)
ケアシノスリ (3)
ケリ (9)
コアオアシシギ (7)
コアジサシ (10)
コイカル (5)
ゴイサギ (12)
コウノトリ (5)
コウライアイサ (3)
コウライウグイス (1)
コガモ (1)
コガラ (4)
コクガン (4)
コクマルガラス (4)
コゲラ (7)
コサギ (3)
コサメビタキ (11)
コシアカツバメ (2)
ゴジュウカラ (3)
コジュケイ (3)
コジュリン (1)
コチドリ (14)
コチョウゲンボウ (10)
コノハズク (2)
コハクチョウ (9)
コホオアカ (2)
コマドリ (21)
コミミズク (73)
コムクドリ (11)
コルリ (5)
コヨシキリ (1)
サカツラガン (2)
ササゴイ (7)
サシバ (2)
サバクヒタキ (2)
サメビタキ (3)
サンコウチョウ (8)
サンショウクイ (8)
シノリガモ (22)
シマアカモズ (2)
シマアジ (5)
シメ (3)
シロガシラ (1)
シロチドリ (9)
シロハラ (6)
シロハラホオジロ (2)
ジシギ類 (4)
シジュウカラ (4)
シベリアジュリン (1)
ショウドウツバメ (2)
ジョウビタキ (8)
ズグロカモメ (2)
スズガモ (6)
スズメ (7)
セイタカシギ (7)
セグロカモメ (6)
セグロセキレイ (4)
セッカ (13)
ソウシチョウ (6)
ソデグロヅル (6)
ソリハシシギ (1)
ソリハシセイタカシギ (5)
ダイサギ (6)
ダイゼン (7)
タカサゴクロサギ (3)
タカブシギ (4)
タゲリ (12)
タヒバリ (9)
タマシギ (19)
チフチャフ (1)
チュウシャクシギ (13)
チュウヒ (3)
チョウゲンボウ (13)
ツクシガモ (5)
ツグミ (5)
ツツドリ (5)
ツバメ (6)
ツバメチドリ (8)
ツリスガラ (4)
ツルシギ (5)
トウネン (14)
トキ (1)
トビ (3)
トモエガモ (7)
トラツグミ (8)
トラフズク (1)
ナベヅル (4)
ニュウナイスズメ (7)
ノゴマ (12)
ノジコ (2)
ノスリ (17)
ノハラツグミ (2)
ノビタキ (21)
ハイイロチュウヒ (9)
ハイタカ (6)
ハギマシコ (8)
ハクセキレイ (1)
ハシビロガモ (5)
ハシブトアジサシ (1)
ハジロカイツブリ (9)
ハチクマ (1)
ハチジョウツグミ (12)
ハッカチョウ (4)
ハマシギ (7)
ハリオアマツバメ (1)
ハリオシギ (1)
ハヤブサ (29)
バン (9)
ヒガラ (5)
ヒクイナ (10)
ヒドリガモ (1)
ヒバリ (12)
ヒバリシギ (5)
ヒメウ (9)
ビロードキンクロ (1)
ヒヨドリ (8)
ビンズイ (7)
フクロウ (11)
ブッポウソウ (3)
ベニスズメ (1)
ベニヒワ (5)
ベニマシコ (17)
ヘラサギ (3)
ホウロクシギ (5)
ホオアカ (10)
ホオジロ (10)
ホオジロガモ (3)
ホシガラス (1)
ホシハジロ (1)
ホシムクドリ (6)
ホトトギス (4)
マガモ (2)
マガン (7)
マキバタヒバリ (2)
マナヅル (1)
マヒワ (13)
マミジロ (2)
マミチャジナイ (8)
ミコアイサ (21)
ミサゴ (3)
ミソサザイ (17)
ミゾゴイ (1)
ミミカイツブリ (1)
ミヤコドリ (4)
ミヤマガラス (6)
ミヤマシトド (1)
ミヤマホオジロ (22)
ミユビシギ (3)
ムギマキ (14)
ムシクイ類 (10)
ムナグロ (12)
ムラサキサギ (5)
メジロ (4)
メジロガモ (1)
メダイチドリ (2)
モズ (17)
ルリビタキ (21)
レンカク (2)
レンジャク (33)
ヤイロチョウ (1)
ヤツガシラ (5)
ヤドリギツグミ (2)
ヤブサメ (4)
ヤマガラ (2)
ヤマセミ (14)
ヤマドリ (4)
ユキホオジロ (7)
ユリカモメ (7)
ヨシガモ (3)
ヨシゴイ (5)
ヨタカ (1)
鳥風景etc (37)
舳倉島2014 (18)
石垣島2014 (42)
未分類 (0)
風景 (223)
花風景 (172)
夜景・イルミ・ライトアップ (26)
旅行・ドライブ (39)
天体・月・星 (7)
昆虫 (101)
動物 (28)
植物・果物 (8)
神事・祭事・歳時記 (60)
その他・雑 (51)

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR